那須塩原駅

取材時期:2017年4月


当駅終点のなすの号
当駅終点のなすの号


那須塩原駅は、栃木県北部にある那須塩原市にある駅です。東北新幹線では宇都宮駅の次の駅にあたり、栃木県北部の広域交通の拠点となっています。
周囲には那須高原や塩原温泉郷といった観光地があり、観光の拠点としての役割も担っています。

利用できる路線

東北新幹線宇都宮線

新幹線構内

那須塩原駅1/2番線ホーム1 那須塩原駅1/2番線ホーム2
▲東京からなすの号で約1時間。緑広がる那須野ヶ原に到着しました。なすの号はここで終点。

新幹線発車標
▲今まで乗ってきたなすの号は、1番線から折り返して東京へと戻っていきます。

新幹線駅名標
▲県都宇都宮へは、約50kmの距離を14分。

那須塩原駅新幹線コンコース内1 那須塩原駅新幹線コンコース内2
那須塩原駅新幹線コンコース内3 那須塩原駅新幹線コンコース内4
▲コンコースはそれほど広くありません。

東京行き発車標
▲次発の東京行きを表示する専用の発車標がありました。

新幹線乗車口案内
▲東北新幹線は17両編成のものあるのですね。圧巻です。

新幹線改札
▲新幹線改札は4レーン。

宇都宮線乗り換え改札1 宇都宮線乗り換え改札2
▲一方で、乗り換え改札は1レーン。譲り合って使わねばなりません。

在来線構内

在来線跨線橋1
▲基本的に、下りは黒磯行き、上りは宇都宮行きとなりますが、上りの一部は上野や品川まで行く列車もあります。

在来線跨線橋2 宇都宮線205系
▲宇都宮線の名前は黒磯までですが、宇都宮以北は205系といった国鉄時代の電車がまだまだ走っています。

那須塩原駅在来線ホーム1 那須塩原駅在来線ホーム2
▲在来線ホームはこんな感じ。2面3線という構成。

在来線駅名標1 在来線駅名標2
▲那須塩原市は黒磯市と西那須野町が合併して出来た市。両中心市街地に挟まれた位置に当駅は立地しているというわけです。

駅コンコース

改札前
▲改札外からの風景。改札はここ一カ所。

券売機1 那須塩原駅近距離きっぷ運賃表
▲7番が近距離券売機、6番が多機能券売機、1~5番が指定席券売機となっています。

那須地区観光物産コーナー 黒磯・那須・塩原観光案内図
▲渋みのあるフォントの物産展示コーナーと観光案内図。

那須塩原駅観光案内所 那須塩原駅ふるさと市場
▲観光案内所と土産物店。駅コンコースに向かい合って立地。

コンコース
▲改札外にも比較的大きめの待合所があります。

東口跨線橋 東口駅前
▲東口駅前へは在来線を跨いでいきます。東口駅前は昔からの集落が広がっています。

西口 西口駅前
▲一方西口は新幹線開通以降に開発されました。碁盤の目のように造成されています。

西口駅前

タクシー乗り場 バス乗り場
▲公共交通機関だけでなく、塩原温泉郷や那須湯本のホテルのバスもやってきます。

巻狩鍋
▲駅前になにやら謎のモニュメントがありますね。

黒磯巻狩鍋 黒磯巻狩鍋の由来
▲お祭りで提供されるお鍋のレプリカなんだそうです。ちなみに、今年(2017年)は荒天のため残念ながら中止となっています……。

那須塩原駅近景 那須塩原駅遠景
▲那須塩原駅西口。新幹線駅はさすがに見た目が大きいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です