#2 新湊大橋と県営渡船(射水市)

貴婦人海王丸と新湊大橋の夜景

新湊大橋は、射水市の富山新港に架かる日本海側最大の斜張橋です。2012年9月23日に開通した、富山の新しいふるさとの風景です。22時まではライトアップがなされ、海の貴婦人海王丸とセットでの夜景も楽しめます(サムネイルの風景です)。
富山新港が開港する前はこのあたりは放生津潟と呼ばれる潟湖があり、砂州上には鉄道(地鉄射水線)も通っていました。富山新港の建設に伴う開削によって潟湖は港湾となり、砂州上の交通は分断される形となりました。1966年に射水線の放生津潟を往来する区間が廃止されてから50年近くを経て、新湊大橋の開通によって東西交通が道路で再び結ばれることになったわけです。
射水線の分断より、東西両岸を結ぶ交通として県営渡船が運航しています。1986年からは完全無料化し、地元の足として根付いています。橋の開通によって廃止されるという噂もありましたが、現在も運行中です。海上から新湊大橋を眺めるのも、また一興です。

 
▲海王丸パークから見た新湊大橋。2枚目は愛車と並べて撮ってみました。


▲県営渡船堀岡発着場。射水線の駅名から「新港東口」とも呼ばれます(バス停名は「新港東口」が使われています)。

 
▲渡船。15分から30分ヘッドで発着しています。


▲海上から見た新湊大橋。また違った見え方です。


▲5分程度の乗船で西岸の越の潟に到着。

 
▲万葉線の越ノ潟駅があり、ここから新湊市街を経て、高岡まで電車が伸びています。


■新湊大橋
 北陸道小杉ICから約25分
【歩道利用時間】5-10月/06:00-21:00  11-4月/06:00-20:00

取材時期:2012年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です